車を快適・キレイにするディテーリングサービスのプロ 静岡県掛川市のコーティング&くるま磨き プロショップ カービューティープロ ハラダ
車を快適・キレイにするプロとしてカーライフをサポートいたします
静岡県掛川市のコーティング&くるま磨き
カービューティープロ ハラダ
 カルミガキ&コーティングPX-V250
  マツダ CX-3XD ツーリング Lパッケージ SKYACTIV-
マツダ車と言えばソウルレッド赤いボディカラー、一度は施工して見たいと思っていました。
やっとやってきました。カラークリアー層でレッドパールと言う感じで、とてもキレイです。
もし塗装膜厚がバブル期の180ミクロンあったら買おうかと思いましたが普通の100ミクロンでガックシ
赤系ですがクリアーがありますからピンクに色あせることはありません。
 カルミガキ&コーティングE-2000
  レクサス IS350 スポーツ
新車登録1ヶ月1300キロ、納車時のワックスも取れて、やっぱりコーティングしておけば良かったと思ったのでしょうか?ボディは少しザラザラしていたので異物の除去しましたがボディの状態はとても良かったです。
600万円の高級車ですが1000万円クラスの超高級車の様に感じました。
塗装の暑さ・金属エアバルブ・2重窓ガラスなど・・・普通のクルマと高いクルマの違いってわかって頂けたでしょうか?次回は早めに御依頼頂ければと思います。エグゼの高撥水をお楽しみに!
 ペンキミスト除去 フルミガキ
  スズキ エブリイ
仕事先でペンキを掛けられてしまい保険で除去する事になりました。
商用バンと言うとこもあり塗膜は極薄で高級車の作業よりある意味怖いです。
白いボディに白いペンキなので目視と言うより触覚感覚で作業します。
ザラザラボディがツルツルボディになりました。キレイになったクルマでお仕事頑張って下さい。
 ギア・カルミガキ&コーティングPX-V250
  ホンダ フィットハイブリッド
ナンバー登録前、走行距離5キロのクルマですが保護フィルム糊が多く、
しかも凹んでいるのでギアミガキを追加させて頂きました。
保護フィルムが保護になっていない様に感じますが、もし保護フィルムがなかったら雨シミが多く更に大変だと思います。
作りたてがくれば良いのですが、新車だからピカピカと思ったら違うんですよね。
 フルミガキ&コーティングPX-V250
  トヨタ 86(ハチロク) MODELLISTA エアロ仕様
この頃は白系ボティカラーが多くギアミガキを御依頼される事が多くなりました。
ギアミガキとの違いはフルミガキは徹底的に磨きをします。
作業ではなく作品と言った感じで完了したのがこのハチロクです。
雨シミを作らないコツはコマメな洗車です。
 ギアミガキ&コーティングPX-V250
  メルセデス・ベンツ B180 ブルーエフィシェンシー W246
ドイツ車、特にベンツの塗装は硬く感じます。硬いと言うことはキズが付きにくく良いんですが付いてしまうと大変です。
ギアミガキでは、どこまで行けるかですが、
まだまだ新しい2年生なのでコストパフォーマンスは良かったのではないでしょうか?
ボディの鉄粉は自らのブレーキダストが原因と考えるべきで、コマメにホイール洗浄するしかありません。
パール系のキラキラが入っていれば、もっとキレイに見えるのですが欧州車はソリット系が多いです。
 ギアミガキ&コーティングPX-V250
  フォルクスワーゲン ジェッタ 2.0T-FS
ルームクリーニングに引き続き外装編になります。
シルバーと言うカラーは汚れキズとホント目立ちませんから、作業依頼もとても少なく施工する機会もあまりありません。
しかし強い照明の前ではキズは見えてしまう物です。
中古車を購入する時に12万円高いこのジェッタがとなりに並んでいたら、どちらを選んだでしょうか。
価格以上の価値、そしてキレイなら長く乗りたいカーケアの不思議な力がカービューティープロにはあります
 窓ガラスコーティング&フラットワイパー替えゴム交換
  フォルクスワーゲン パサートヴァリアント TSハイライン ブルーモーションテクロノジー
近年、欧州車に多く使われているフラットワイパーですが撥水タイプに交換したいとなると、なかなか答えが見つかりませんでした。
せっかく窓ガラスを撥水加工しても通常ワイパーゴムでは摩擦力によって剥ぎ取ってしまいます。
そこでシリコンを練り込んでいる撥水ワイパーゴムの交換をオススメしています。
フラットワイパーへの答えは幅7mmタイプPIAA製でした。(金属が出ているタイプは不可)
 ギアミガキ&コーティングPX-V250
  フォルクスワーゲン パサートヴァリアント 2.0FS
濃色車のギアミガキはオススメしておりません。
が、・・・・コストを求めればこの仕上がりです。
キズが深いと言うより塗装が硬いと言う感じです。
メッキモールのミガキも一苦労でしたが良い感じになったのではないでしょうか。
 ギア・カルミガキ&コーティングE-2000 ペンキミスト除去
  スズキ ジムニー LAND VENTURE 5MT
ナンバー登録新古車まだまだ新しいですが、雨シミ・鳥フン・シャーシブラックペンキミスト飛散りと、いろいろとありました。
車体下廻り保護を本当に求めるのでしたら、タフコートノックスドールと検索してみてください。
薄い塗装ではなく分厚く車体を保護してくれると思います。
エグゼの高撥水をお楽しみに!
前のページ(49)へ  トップにもどる   次のページ(47)へ