車を快適・キレイにするディテーリングサービスのプロ 静岡県掛川市のコーティング&くるま磨き プロショップ カービューティープロ ハラダ
車を快適・キレイにするプロとしてカーライフをサポートいたします
静岡県掛川市のコーティング&くるま磨き
カービューティープロ ハラダ
ギアミガキのみ ワゴンR 福祉車両
 ギアミガキのみ
  スズキ ワゴンR 福祉車両
ツヤの無い状態だとイマイチに感じると思いますが
ツヤが復活すれば、まだまだイケルと思って頂けると思います。
クルマはやっぱり光沢ツヤですね。
コーティングV250 イプシロン
 フルミガキ&コーティングPX−V250
  ランチア イプシロン Multijet
ツヤが復活しました。クリアー塗装が無いソリットなので何年かしたら、また元に戻ってしまいますが、
塗装が残っている限り施工できますのでよろしくお願いします。
ブレーキダストがボディやガラスに付着して超〜ザラザラ状態でしたが、フルミガキによって超〜ツルツルになりました。さわってみてください。今後のメンテナンスはR−74プロアクティブをオススメします。
フルミガキのみ クラウン
 フルミガキのみ
  トヨタ クラウン ロイヤルサルーン
走行距離が少なく状態がとても良いクラウンです。
しかし年式相当の汚れはありますので、ディティールを中心にキレイにしていきました。
仕上げはハンネリワックス仕様、ショーでも使用しているワックスなんですよ。
思い出のクルマで車庫保管・雨の日乗らないのなら、この仕様もありでしょうか。
コーティングV250 IS250
 フルミガキ&コーティングPX−V250
  レクサス IS250
高速走行が主と言うことで鉄粉が若干多めでした。
キズは少ない方ですが、思ったより深いキズでした。
レクサスは膜圧に余裕があるので、ミガキを多めに掛けてみました。どうでしょう?
2回目の施工、そしてホイール・ウィンドーとフル仕様です。
コーティングV250 ラパン
 ギアミガキ&コーティングPX−V250
  スズキ アルトラパン
スズキ純正ガラスコーティング エスコートを取り除き施工して欲しいとの事で、ちょっとわけありの作業です。
コーティングがしてあったので状態はメチャクチャ良い状態です。もったいない!
ガラスコーティングをはぎ取るのは、なかなか大変で、ギアミガキ以上でなければ無理です。
しっかりと膜圧感もあり、しっかりしたコーティングでした。
新車でギアミガキなので、いつもより超ツルツル仕様になりました。さわってみてくださいね。
コーティングV250 ベンツE280SW
 ギアミガキ&コーティングPX−V250
  メルセデス・ベンツ E280ステーションワゴン
5年目ですが、ギアミガキです。
塗装の色・硬さ、前回コーティング(PCX−V110)の犠牲被膜、上手な洗車とメンテナンスで、
ここまでキレイとは驚きでした。
このクルマならギアでもOKと思いますが、他では多分無理です。
コーティングV250 RX−8
 フルミガキ&コーティングPX−V250
  マツダ RX−8タイプS 6MT
洗車の仕方が超うまい!
キズが無いと言っていい状態ですが、鉄粉と細かな汚れが付いていました。
さわって頂くと、すぐわかるんですが超ツルツル仕様になっていますから、
洗車のモチベーションが上がる事でしょう。
コーティングV250 ブルバード
 カル・ギアミガキ&コーティングPX−V250
  スズキ ブルバード400
アメリカンタイプで倒立フロントフォークとは、ナントもスポーティー『やるなスズキ!』
ちなみにブルバードとは大通りだそうです。
タンク部分はギアミガキ、その他はカルミガキで仕上げました。
コーティングV250 R1
 フルミガキ&コーティングPX−V250
  スバル R1 スーパーチャージャー
小さなボディですが、フェンダー廻りのプレスラインや突起、フロントバンパーの複雑さなどなど・・・
とにかく手間が掛かりました。
海岸近くと言うことで、ボディは傷みやすいのかもしれませんが、
新車時のコーティングが良かったのではないでしょうかね。
コーティングV250 ラパン
 ギアミガキ&コーティングPX−V250
  スズキ アルトラパン
新車の塗装はデリケート、どうやら花粉にやられたようです。
新車なのにギアミガキ仕様です。製造されてから間もないようですが、シミが多く驚きです。
以前、このような現象があると聞いたことがありましたが、その時は半信半疑でした。
今回改めて花粉ってコワイと思いました。
前のページ(19)へ   トップにもどる   次のページ(17)へ