車を快適・キレイにするディテーリングサービスのプロ 静岡県掛川市のコーティング&くるま磨き プロショップ カービューティープロ ハラダ
車を快適・キレイにするプロとしてカーライフをサポートいたします
静岡県掛川市のコーティング&くるま磨き
カービューティープロ ハラダ
コーティングV250 タントカスタム エコアイドル
 カルミガキ&コーティングPX−V250
  ダイハツ タントカスタム エコアイドル
走行距離4キロ、できたてホヤホヤのタントです。しかしグリス汚れが目立ちます。
新車はグリス・保護シールノリ・キズが多少ある物です。
カルミガキでスッキリキレイになります。
この状態でコーティングですよね。
コーティングV250 ジムニーX-Adventure SALOMON
 カルミガキ&コーティングPX−V250
  スズキ ジムニー クロスアドベンチャー サロモン
ナンバー登録が、まだされていないジムニーです。
アルミホイールやシート・フロアーマットは、まるで社外品のクオリティの高い物に交換してあるみたいです。
モデルチェンジから14年目ですが、このクオリティのおかげ?かなり売れているそうです。
コーティングV250 エヌワン ネオクラシック・フロントグリル
 カルミガキ&コーティングPX−V250
  ホンダ N−ONE ネオ クラシック
保護シールのノリ(見えないステルス状)の付着がありました。見えないので磨いていくしかありません。
黄色や赤のボディーカラーは色あせしやすいですが、この黄色はパールが入っているので
トップコートにクリアーがありますから色あせはしません。
黄色はとにかく目立つ、注目の新車と言うこともありますが、作業をしていても外からの視線を感じました。
コーティングV250 ノート
 カルミガキ&コーティングPX−V250
  ニッサン ノート DIG−S
お持ち頂いた前日に2012RJCカーオブザイヤーを受賞したノートです。
オーナー様から聞くところによると踏み込まないとスーパーチャージャーは加給しないとか、かなりのエコ技術が積まれているのでしょう。ブラックソリット(クロソリ)は作業もメンテナンスも大変ですがこまめな洗車をして頂ければ、このキレイを保つことができると思います。
コーティングEXE フーガ
 カルミガキ&コーティングE−2000
  ニッサン フーガ250GT
納車前に遠く(40キロくらい)のディーラーさんがお持ち頂きました。パールのキラキラ☆具合がとても多くキレイです。軽量化のアルミパネルの多用や防音対策、高級車はひと味違います。
今回ビックリしたのは、これぞ新車って感じでたくさんカバーしてあったことですね。
エグゼのコロコロ超撥水をお楽しみに
コーティングEXE ステップワゴン スパーダ
 カルミガキ&コーティングE−2000
  ホンダ ステップワゴンスパーダ Z クールスピリット インターナビ セレクション
ホイールハウス内の柔らかい塩害対策塗料は初めて見ました。
雪国には有効な物らしいのですが、石の付着が多いので静岡ではいらない感じです。
ボディの方は保護シールのノリやキズがちょこちょこありましたが。キレイになりました。
エグゼの超撥水いや、転げ落ちる滑水をお楽しみください。
コーティングEXE FC3S改ゼロヨン仕様
 ギアミガキ&コーティングE−2000
  マツダ RX−7改 5MT ゼロヨン仕様
10年間ほど乗らずに車庫保管、奥様のお許しを得て復活です。
600ミクロンの塗装膜厚(オールペイント2回目)は初めての経験でした。
鉄板やFRPの凹凸が無くなり限りなく鏡面いや超鏡面です。
街中で見たらきっと振り返ってしまう、そんなド迫力なFC改です。
コーティングV300 セレナ
 ギアミガキ&コーティングPX−V300
  ニッサン セレナ
5年目の濃色車でギアミガキはキツイです。
予算の関係上とコーティングを優先でこうなりましたが、
ギアミガキは淡色車やキズは気にしない方や(展示車や試乗車など1年くらい)のクルマを想定しています。
今回の施工はキズは気にしない、やさしい気持ちでご覧ください。
コーティングV250 マツダスピード アクセラ
 ギアミガキ&コーティングPX−V250
  マツダ アクセラスポーツ 2.3マツダスピード 6MT
いつもより粒子の細かな鉄粉が大量にルーフに付着していました。
あまりに小さくトラップネンドだけでは上手く落とせなかったので、液剤と併用して作業していきました。
フルミガキよりも、とてもとても手間の掛かる作業でした。原因として考えられるのは保管環境かもしれませんが、一番は自車から出るブレーキダストかもしれません。対策としては、こまめな洗車です。
コーティングV250 スペイド
 カルミガキ&コーティングPX−V250
  トヨタ スペイド
新車2ヶ月と言うことでしたが、水アカ汚れピッチタールそして鉄粉とかなり汚れていました。
鉄粉の確認はゴム手袋をするとよくわかります。ボディの方はキズがほとんど無くカルミガキで済みました。
鉄粉の多い環境の場合は、こまめな洗車をするしかありません。
手洗いが無理なら、うまい機械洗車もありますよ。
前のページ(30)へ   トップにもどる   次のページ(28)へ